服がダサいと言われた!パーソナルカラーと骨格診断で自分に似合う服を着たい!

以前、旦那に「前から言おうと思ってたけど、その服ダサいね」と言われました…。
どの服を着てて言われたかは公表しませんが、シンプルめの店で買った服です。

 ダサいと言われるのもだけど、「前から思ってた」というのもショック!

ちなみにいつから?と聞くと「その服、買ったときから」と言われました。
えー!そんな前から?早く言ってよ!

というより、言ってる本人もそんなにイケてないのに笑

ぱぴこのアイコン画像ぱぴこ

全然オシャレじゃない人に「ダサい」とか言われると余計にショックがデカイ…

目次

服がダサいとは

何じゃこの服は!?ってのもありますが、ほとんどの場合は「服」に問題があるんじゃなくて、着てる方に問題があるんだと思います。問題というのは大げさですけど。
つまり、ダサいと言われてしまう原因の1つは、違和感があったり自分に似合ってない服を着てるからだと思われます。

自分に似合う服とは

流行ってるものでも、店員さんが勧めて来ても、自分には全然似合わない服はあります。
ネット通販で買った服が似合わなくて返品する失敗もたくさんしました。モデルが良い感じに着こなしてたから、つい買っちゃった。

「色、形、顔」で似合う服は変わるようです。あとはもちろん体型やサイズ感でも変わりますね。

似合う「色」を知る

似合う色

その人に似合う色の目安としてパーソナルカラーがあります。
スプリングサマーオータムウインターと4つのタイプに分かれているものです。

ぱぴこのアイコン画像ぱぴこ

私も以前、パーソナルカラーを診断してもらったら「サマー」でした。
サマーの場合はグレーがかったような色や、青みがかった色が似合うそうです。

パーソナルカラーにとらわれすぎると好きな服が着れなくなりますが、鮮やかな色、特に赤やオレンジなどは似合わないと分かってるので避けてます。

似合わない色を着ると顔色が悪く見えたりするので、好きだけど似合わない色を着たい場合は、顔から離れた所に使うのがオススメらしいです。

靴とか、バッグとか小物で取り入れるとよく聞きますよね。
でも、オレンジのバッグは買うのに勇気いるけど。

▼参考リンク

似合う「形」を知る – 世間の定番アイテムが似合わない –

ファッション 似合う形

最近はパーソナルカラーに加えて骨格診断てのをよく聞くようになりました。
色は似合ってても、形が合ってないとやっぱり違和感があるんですね。
タイプ的には大きくストレートウェーブナチュラルの3つに分かれます。

のアイコン画像

私の場合は「ウェーブ」で、カジュアルなもの、かっちりしたものが似合わないタイプです。
シンプルなものも貧相に見えてしまい、似合わないです。Vネックなんかも寂しくなります。

昔からTシャツが似合わないし、かと言ってスーツ(ジャケット)が似合うわけでもない。
何も似合わないんじゃないの!?とヤケになってましたが、数年前に自己判断で「骨格診断」をやってみて納得しました。

「ファッションの定番アイテム」でよく紹介されがちな「白シャツ」「トレンチコート」も似合わない!
白シャツ着ると「今日、面接?」って聞かれるし、トレンチコート着たらお父さんのコート着てるみたいになっちゃいます。私の定番はそれじゃないと叫びたい!

ウェーブタイプが似合うのは「ソフト」なもの、「華やか」なもので「装飾のあるデザイン」を選ぶといいそうです。

▼参考サイト

顔タイプ診断てのもある?

色、形だけじゃなく「顔」のタイプで似合う服を見つけるという面白い本がありました。
顔で似合わないとか言われたら元も子もない感じしますけど…。

のアイコン画像

え!顔診断?私のような典型的な平たい顔族には自信ないです…

もちろん、美人とかそういう分類ではありません。
子ども・大人顔、直線・曲線とか目と鼻の関係などの感じでタイプを調べるものです。

私は「キュート」(←ちょっと嬉しいw)で「クールなものに違和感がある」となっていました。
ここでも、やはりスーツや白シャツ似合わないフラグが!

▼2020年の1月に発売されたばかりの本も気になります。
顔診断と骨格診断で似合う服を選ぶとな?

自分に似合ってて好きな服なら最高

ダサい = 似合ってない服を着てたという話でした。パーソナルカラーや骨格診断などを調べると、自分に似合う、似合わないアイテムが分かって買い物がしやすいので良いですね。

そうは言っても「この服は似合わないから着れない」と決めつけるのは、何か勿体無いというか、つまらないので、たまに気にせず買っちゃってます。

ぱぴこのアイコン画像ぱぴこ

その”つまらないから気にせず買った”服が、今回の「ダサい」発言に繋がっているんですけどね…笑。

似合うと言われて、好きな服ならとても幸せですよね。
自然と姿勢も良くなるし自信になる。

そういう服、幸いなことに何着かあるので大切に着たいと思います。
世間の定番で揃えるとかじゃなくて、自分にとっての定番・似合う服、ぜひ探したいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる